人を愛することの罪と罰?を描いたフランス映画3本

休む時間になっても、室温は30度もあって身体がだるく、苦手なクーラーをつけっぱなしで眠ることもできず、古いフランス映画を毎晩見ていた。制作された時代は古くとも、それぞれのテーマはいつの時代にも通ずる。 フランソワーズ・サガンの原作を映画化したオットー・プレミンジャー監督の『悲しみよこんにちは(Bonjour Tristesse)』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑中お見舞い申し上げます

「脳がクックされる」と暑さを表現した友人がいるけど、我が家の会話も暑くて「省ことば」。 昨日「今日、五日?」ときいたら「どこへ?」。「どこへって?」。「だって、今日、行くか?ってきいたじゃない」 はなちゃんと歩いていたら「わたし、もう、げんかい」 じいさんばあさんで「げんかい、なんていう言葉、どこで覚えたんだろ?」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あっというまに8月だ!

じいさん、熱はないけどまた咳がでだした。内科へ行ったり耳鼻咽喉科へ行ったり、暑くて家でボーっとしてたらこうちゃんが泊りに来た。こうちゃんの好きな学科は「理科」と「図工」。こばちゃんと相談して八王子の「八王子市こども科学館(コニカミノルタサイエンスドーム)」へ連れて行った。 なんのことはない、こうちゃんはもう来たことがあるという。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「館」自体が「文化財」

「庭園美術館」を国の重要文化財とすべく答申が出され、旧朝香宮邸の「装飾様式」を家具や調度品などを含めて紹介する『アール・デコの邸宅美術館』が来週7月18日から9月23日まで「庭園美術館」で開催される。 「アール・デコ」は1920年から30年にかけてパリを中心に流行した建築・装飾様式で、宮内庁で当時朝香宮邸を担当された技師が1925…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森さん一周忌

2週間前、森さんの奥様からお手紙と一枚のDVDをいただいた。森さんが亡くなられて一年経つ。奥様が制作されたDVDには、今年の1月から2月にかけて上田市立美術館で開催された『森工房・森仁志追悼展』の様子が収録されている。オープニング・トークで森さんとの出会いから森さんの版画界における業績について作品を示しながら一時間にわたって話された、版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大忙しの5月末

こうちゃんが熱を出して病院に連れて行ったら「溶連菌」が出て、しばらく学校を休むので、じいさん面倒みてね、とママから連絡が入り、じいさんとこばちゃんが交代でこうちゃんちに行った。こうちゃんは喉も痛いと言ってるのでお昼はうどん作ってやってとママからいわれ、じいさんは「フライド・チキンとサンドイッチセットとアップルパイとチョコレートパン」を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N画伯の幸せな日々

N画伯とは世田谷区の公立小学校一年生時の同級生。二年生の時、画伯は北海道へ、小生は渋谷区に移転。その後東京に戻ってきた画伯と、同じ高校で再会。小生は美術部、彼が何をしていたか知らない。小生は胸を病んで3か月休学。でも、彼と一緒に同期で卒業。その後大学も職場も全く異なった世界で特にこの時代の交流はない。 現役を退いたころ、高校の同期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じいさん誕生日+こどもの日

じいさんの誕生日のお祝いとこどもの日のお祝い?をかねて、こうちゃん一家が5月5日にじいさんちに泊まりにきた。 こうちゃんやはなちゃんから手作りのプレゼントをもらって、じいさん感激するも、あそぼ、あそぼ、あそぼ、あそぼでこばちゃんとじいさん、フラフラのへろへろ。 パパは静養?で早帰りするし、ママはお友達と飲み会。 こばちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「仮面」にゆだねるもの

日が長くなり暖かった昨日、例によって庭園美術館の内覧会に早めに出かけて、美術館の庭園を散策した。本館へのアプローチの木立は何度通っても素晴らしい。庭園入口から見る新館は別の美術館のよう。 今回の展覧会はフランスの国立ケ・ブランリ美術館(quai Branly)所蔵の「マスク」展。 アフリカ・アメリカ・オセアニア・アジアのマスクが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都立平山城址公園⇒東京薬科大学

昨日は暖かく、浅川土手の桜も満開だったが方向を変えて、源氏の侍大将平山季重(すえしげ)の見張り所があったと伝えられる昔の野猿峠、現在の多摩丘陵の一画にある「都立平山城址公園」にこばちゃんと桜を見に行き、隣接する東京薬科大学のキャンパスを散策した。 実は何度も同じルートでこのシーズン両所を訪れており、こうちゃんも何度か連れてきている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう、5周年です

ブログ事務局のまーささんから、「祝ブログ開設5周年!」「過去のブログを振り返ると、昔の自分が考えたり感じていたことから新たな気づきが生まれたりするものです。(中略)後で見直すと非常に貴重な記録になります」とのメールをいただきました。 PVリポートの数は前回お知らせした2014年10月15日から昨日まで、15.636増えて合計67,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年度末、じいさん以外は、皆走る

あっという間に3月。こばちゃんは今年度最後の「おはなし会」で、あちこちの保育園へ。園児手作りの「感謝状」に大感激。こうちゃん・はなちゃんママは、中学高校をすごした仲間との「シドニー会」や大学仲間との「北京会」で大忙し。これらの日にはこうちゃんとはなちゃんをじいさんちに預けていく。ようちゃんも学生や同僚との会合で忙しそう。 じいさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと4300歩

体調をくずしてから、もう、ひと月が経つのにまだ時々咳こむし、すっきりしない。今は処方された漢方薬「補中益気湯」を服用している。 おまけに「花粉症」。こうちゃんち行きは先週から復活したが、マスクをしてサングラスや老眼鏡をかけるとレンズが曇る。こうちゃん、ドラえもんにたのんで、マスクをしても曇らないめがね、発明してもらって。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうちゃん、ごめんね

1月16日夜、こばちゃんと庭園美術館の『幻想絶佳』展内覧会に行った。館長やフランスからの関係者も出席し、にぎやかなオープニング・セレモニーだった。フランスのアール・デコの再考ということで、庭園美術館の本館の小部屋を生かした小品が陳列されていた。 この夜から3日が過ぎたころ、喉に痛みを感じ、いつものクリニックで診察を受けたら「RSウイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けましておめでとうございます

鹿児島のじいさんも来て3日に、こうちゃんちで正月を祝いました。こちらのじいさんの今年の目標は一日3000歩。 以前じいさんちから、こうちゃんちまで歩いて行って「アホ!」と言われたことが懐かしい。 こうちゃんには、もう追いつかないし、そのうちはなちゃんにも負けそう。 このブログの事務局から、「新年の挨拶を書きましょう」などと、メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もおわり

12月は忙しかった。こうちゃんのママがぎっくり腰になって、こばちゃんが毎日はなちゃんを朝保育園へ送り夕方迎えにいって、夕食二家族分用意したり、「お話会」のスケジュールも調整したり、じいさんもおろおろと、はなちゃんやこうちゃんの相手をしたり、夕食を作ったりした。主婦が動けなくなると本当に大変。やっと回復しだしたが、今も毎週整形外科に通って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都庭園美術館開館30周年&リニューアルオープン記念内覧会

11月21日の夜、目黒にある都庭園美術館の記念行事に出席した。3年をかけて、旧朝香宮邸である本館の改修と庭園を臨む空間にギャラリーが新設されたのである。この日のために尽力された館長が体調不良とのことで、副館長が館長のメッセージを代読し、改修・新設の説明を行った。 旧朝香宮邸は、アール・デコ様式の装飾に彩られ、1万坪の庭園に囲まれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はなちゃんの七五三:着物や草履で疲れたね

雨が今にも降ってきそうな日曜日、はなちゃんの七五三のお参りに高幡不動尊金剛寺にみんなで行きました。本堂で護摩をたき、10人ぐらいのお坊さんたちが声を合わせて諸祈願成就を唱え、最後に貫主さんがこどもたちに「すききらいしないで、何でもよくかんでたべなさい」とはなしかけ、また若い父母たちには「上手にほめてじょうずにしかりなさい」と「子育ての基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化の日はハイキング

昭和28年ごろ京王電鉄が八王子から多摩市にいたる峠をハイキングコースとして整備し、このとき「野猿峠」という名称が初めて使われたといわれている。 この「野猿峠」の一部につながる「丘陵公園」が我が家から歩いて8分程度のところにあり、こうちゃんと何度かこの「公園」に遊びに来た。いつもの「淺川土手」でなく、今回はこばちゃんと、この丘陵公園から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『生きた・愛した・死んだ』

スタンダールの墓碑には、『死んだ』のかわりに『書いた』が刻まれているという。 「愛」と「死」に関するDVDを4本見た。中には4回目の作品もある。 まずは『嵐が丘』。エミリー・ブロンテ原作、ウイリアム・ワイラー監督、ローレンス・オリヴィエ、マール・オベロン主演のアメリカ映画と、原作の舞台を日本の中世に置き換えた吉田喜重監督、松…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more