主役は、わたし

延び延びになっていたこばちゃんとじいさんの「誕生日祝い」とようちゃんとじいさんの「快気祝い」と「こどもの日のお祝い」を全部まとめて、じいさんちで「パーティ」。 晴れた日はおにぎりをもって「平山城址公園」へ。この公園にこうちゃんはもう何度も来ているがはなちゃんは初めて。駆けづり回ったり、ダンボールそりですべったり、シャボン玉のとばし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五月晴れ

新年度、役所関係の手続きで結構忙しい。パスポートが先月で切れているのに気がついた。シドニーへのセンチメンタルジャニーのためには、こばちゃんともども交付手続きをしなくてはいけない。自動車運転免許の更新も「高齢者講習」を教習所で予約して受講。コルセットを装着したまま実技も行う。その後警察署で無事更新。ただし高齢者は3年間しか有効期間が与えら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「袖振り合うも他生の縁」か「一期一会」か

「出会いの喜び」と「別れの哀しみ」はどちらが強いのだろう。卒業・入学、退社・入社の季節を迎え、「歓送会」「歓迎会」の繰り返しが続く。 高齢者になると(小生の場合)は、「別れの哀しみ」の方が強いし、長びく。 仏教の世界観と茶道の世界観、「他生」は「多生」で「一期一会」にも通ずるという。 暖かい「春」なのに哀しいことが多す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあ、頑張ろう!

4月に入り、こうちゃんもはなちゃんも進級して、春休みにはこばちゃん・じいさんと少し遊んだ。 展覧会や個展・グループ展の案内もいただき、じいさんの「歩行障害」はなくなり左足には相変わらず痺れが出ているが、行動範囲も少しづつ広がってきた。 そんな中、ロスの「山歩き会」の仲間の女史から、5日間休暇が取れたので、日本の桜を見に高尾山に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜はまだ蕾だけど

例によって浅川土手の桜を見に行った。人もまばらで、まだ蕾。写真を撮っていたらご婦人に話しかけられた。「もう少しね」。 我が家の庭にも春の息吹き。こばちゃんに花の名をおしえてもらおう。 浅川土手と桜の蕾 ピントがあまいね これしかしらない こんなのもあった 今日、こうちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のらぼう菜/PVレポート

季節ごとの果物や野菜を届けて下さる近所の友人が、我が家の狭い庭に「のらぼう菜」の苗を植えて下さった。「のらぼう菜」はセイヨウアブラナに属し、油を採るほか食用として、おひたしや玉子炒めなど様々用いられていて、耐寒性に強いそうで、「野良坊」の名でもよばれているそうだ。「すぐに大きくなる」そうで、楽しみが増えた。 左足にしびれが残ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だんだん歩けるようになりました

昨年の9月13日に「狭窄症」についてこのブログで触れてから、ほぼ半年間は「まともに歩くこと」ができず、車の運転もやめていた。術後1か月のレントゲン診察では神経を圧迫していた「骨やヘルニア」がきれいに削られていた。「問題ありません。このまま歩くことを続けて下さい」と執刀医からの指示があった。 半年あまり「歩いていない」」と足・脚の筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢か現か幻か(2)

集中治療室にいる間に、術後の血腫予防のための管・創部ドレーンと尿の管が抜かれ自分で寝返りができるようになった。一般病室に移ってからは、コルセットを装着し、リハビリ室で起立訓練が始まり、帰室後歩行器での歩行開始。病室内の車椅子や歩行器のまま入れるトイレの使用が可能となる。この時はナースコールで看護婦(師)立会い。歩行器から杖さらには支えな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢か現か幻か

こばちゃんの誕生日の翌日、午前10時に手術室に入り、「背中の手術はどういう姿勢でやるのだろう?」なんて思っていたら、酸素マスクをかぶせられ、気が付いたときは「おとうさん、おとうさん聞こえる?」「手術は予定より時間がかかったけど、すべてうまくいったよ」とこばちゃんの声で目が醒めた。手術時間は4時間半、出血量は360cc。「狭窄症」の原因の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

誕生日を病室でむかえたようちゃんも年内に退院、ただ回復はまだまだで、新年の講義もとりあえず「休講」。12月27日にはサンタさんからのプレゼントをかかえて、また新年の2日には鹿児島のじいさんも一緒に、こうちゃんち一家が「ようちゃんの退院祝い」と「じいさん見舞い」かたがた遊びに来てくれました。 こうちゃんの「散髪」をこばちゃんがやって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうちゃんのサンタクロース

じいさん、「狭窄症」+「外側ヘルニア」で、来年1月に手術することになった。 ようちゃんは「集中治療室」から「個室」に移り、みんなホッとした。でもこばちゃんは一日おきに築地に通っているし、こうちゃんのママも協力してくれている。じいさんは「駅から7分」は歩けないので、車で中央高速から首都高の銀座で下りてようちゃんの病院に行こうとしたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いたいの いたいの」とんでいかない 

検査入院から戻って3日目。 似た症状を起こす病に「外側(がいそく)ヘルニア」と「閉塞性動脈硬化症」がある由。何れも「間欠跛行」がでてくる。 専門医は慎重で「狭窄症のみ」か「狭窄症+ヘルニア」か「狭窄症+動脈硬化症」の可能性の有無を検査してくれた。 事前検査 ①血液検査4種類 ②肺のレントゲン ③肺活量 ④心電図 ⑤尿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『岸辺の旅』

こうちゃんのママから気分転換にと映画の招待券をもらって、こばちゃんと出かけた。見に行きたかった黒沢清監督の日仏合作『岸辺の旅』。深津絵里と浅野忠信主役で第68回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で監督賞を受賞した作品である。上映開始が11時40分ということで係員に「サンドイッチを会場内で食べていいか」と聞いたら、「観客がガラガラなのでか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルテノンの哀しみ

紀元前480年、ペルシャ軍のアクロポリス焼打ち後、ペリクレスによってアクロポリスの再建が計られ、総監督フェイディアス、設計イクティノス、施工エカリクラテスでアテナイの守護神アテナを祀るパルテノン神殿が建設された。前438年にフェイディアスによる本尊アテナパルテノスが完成、その6年後神殿全体が完成、以後9世紀にわたって、ローマの支配やゴー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「狭窄症」狂騒曲

「狭窄症」の症状が大昔にスキーで右足首を骨折した痛みに似て左足首にあらわれてきて、結局総合病院の整形外科でMRI検査を受けた。足の骨折はなく、脊柱の側面と断面を映し出す白と灰色と黒の画像は腰の近くで「灰色」が消えていた。根本的治療としては、手術しかないという。それでも「痛み」をやわらげる薬をしばらく服用して様子をみようということになり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

典型的な「間欠跛行」/そのうちお騒がせなギリシャについて書きますね

整形外科で診察を受け、こばちゃんと毎朝ストレッチを始めてからひと月。症状は改善しない。杖をつくのも、面倒で不安定。天気のいい日に家の周りを歩く。歩数計で900歩ぐらい歩くと左足のスネの外側につった時の痛みに似た痛みが出て歩けなくなる。しゃがみこんで左足・脚を両手で揉む。5分位揉むとまた歩けるようになる。「間欠跛行(かんけつはこう)」の典…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパームーン/セカンドオピニオン/PVレポート

昨夜は月が地球に最も接近、そのタイミングが満月と重なったことにより、橙色の大きな月を見ることができた。まさに「月餅」。 「腰部脊柱管狭窄症」で「ペインクリニック」に行った。老化現象がおきてくるのはやむを得ないとしても、「同時」は困る。治療優先順位は①「狭窄症」②「前立腺」③を「その他もろもろ」に決めた。 クリニックの先生自身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じいさんばあさんと遊ぶ日

先週18日に、はなちゃんの保育園にこばちゃんと出かけた。年少組・年中組・年長組・そのほか合計110名が在籍している由、「お部屋」に入ったのは初めてで、ひとつ部屋で園児とじじばばが「対面」。じじばばは40名ぐらい。はなちゃんはかなり緊張してた。 三つの部屋に分かれて「けん玉」「コマ回し」「おはじき」「積木あそび」など、園児とじじばば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一つの石」さま、コメントありがとうございます

ブログ、拝読しました。いろいろとご苦労されていらっしゃるのですね。NHKの番組も見てみます。決めては「神経ブロックーー脳への指令を断つ」ことでしょうか。 小生「頸部脊柱管狭窄症」の時、結局どうして治ったのか覚えていません。 将棋もお好きとのこと。小生昔、千駄ヶ谷に通いましたよ。今NHKで聞き手をつとめていらっしゃる清水市代さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じいさん、「腰部脊柱管狭窄症」

じいさん老化現象がいろいろと出てきて、半年ぐらい前に、頻尿が気になり泌尿器科で検査を受けた。PSAの数値は正常、エコー・触診・排尿後の膀胱内尿残量検査・尿流速度検査など。結果「前立腺肥大症」。「そのうち、取りましょう」。最近は内視鏡を使ってレーザーで切り取るという。薬は女性ホルモンを主成分としたものや、尿管への前立腺の圧迫をやわらげるも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more