けがの治ったこうちゃん

けがの治ったこうちゃんがパパが買ってくれた大きなプラスティックモデルキットを持ってやってきた。「プラモデル」という言葉は商標登録されている。最近のプラモは「スナップフィット・キット」と呼ばれ、接着剤を使用しない。だからこうちゃんに精密ニッパーの使い方を教えた。

大物プラモをじいちゃんと2日間で組み立てると言う。よく見るとラジコンで動くロボットのプラモだ。じいちゃんはこうちゃんが困ったときだけ助ける。こばちゃんやようちゃんも覗きにくる。ようちゃんもじいちゃんも子供の頃は夢中になったものだ。専門店があり、塗装道具もいろいろあった。ただし接着剤やシンナーの臭いは体に良くなかったのでようちゃんは途中であきらめた。現在の「スナップフィット」はその点非常に良い。

こうちゃんも熱中するタイプで夕方には完成し、バッテリーを入れてラジコンを操作し狭い我が家を走らせ回転させる。2年前にサンタクロースからプレゼントされた既製品のラジコンで動くロボットと隊員が2名になった。この間こうちゃんちに行ってロボットで遊んでいるとき「サンタクロースはすごいな。どうして欲しいものがわかったんだろう。しかもタダでプレゼントしてくれて。去年はパパでも買えるものだった」と真面目な顔して言っていた。

楽しいねえ。
画像

画像


左の2体はこうちゃんの。右はじいちゃんの。
画像


「父の日」のプレゼントには驚いた。ようちゃんがレアものロボットの本体と関連プラモ17個をじいちゃんにくれた。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ぶんちゃん
2013年06月18日 18:24
良い老後をお過ごしの様子で何よりです。私は先月末に酒田、鶴岡と庄内旅行に行ってきました。庄内平野は有数の米どころで、田植えが終わって水をたたえた田が遥かかなたまで続き、北に鳥海山、南に月山がどっしりと見下ろしているそんな風景に接して、うきうきとした気分になりました。日本もまだまだ捨てたものではありません。

この記事へのトラックバック